銅鐸の鳴る丘で

弥生時代の国々の争いの日々に巻き込まれた僕。たまたま僕に霊力があったために・・・

奥鳥羽 新

4時間36分 (165,536文字)
弥生時代へタイムスリップ。そこは霊力が力を持ち、戦いに明け暮れる日々だった。「漢委奴国王」金印の謎に迫る。

26 311

あらすじ

弥生時代。 漢帝国に威力におびえながら、列島(九州地方)の小国の王達は互いに激しく牽制しあっていた。 僕はその時代へと飛び、人々の温かさに包まれながら暮らす。 《登場人物》 ・キム:僕(半島人) ・リ

感想・レビュー 1

古代の話は面白い。

とても引き込まれる。歴史と古代文化の風景が想像が広がる。
1件

この作者の作品