追憶

ある時、走馬灯のように思い出した話

高條 望

10分 (5,441文字)
いつもと違う作風です。

0 1

あらすじ

ある時、ふと、自分の人生が走馬灯のように思い出される。 ずっと言いたかった事。でも言えなかった言葉。そして、その時にようやく言えた。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません