ある日、突然シロに

目覚めると、俺はシロになっていた。その目には、出会いと別れがどう映るのだろう。

ときわひでたか(常盤英孝)

6分 (3,336文字)

21 852

あらすじ

ある日、目覚めると犬になっていた俺。しかも、恋人と俺が飼っているペットのシロに。 俺自身を飛び出してわかること。俺のこと、恋人のこと、そして大切な出会いと別れ。時間の流れとともに移ろう人間模様は、シロ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る