銀の花

竹林の屋敷に呼ばれたのは女のなりをした剣士だった。

桜川 喜雨

1時間7分 (40,140文字)
息苦しい中でも幸せを探す物語

11 226

あらすじ

“銀の花”、それは女のなりをした剣士のことで、警護として敵を騙す役割だった。 しかし、今回の依頼は少し違った。領主の話によると、村の近くにある古寺に気が触れた孤児が住み着き、寺に近づく人間は容赦なく襲

感想・レビュー 1

……静かだ。

10ページまで読みましたので感想を失礼しますm(__)m 少年と出会うまでの展開。 決して音がないわけではない。 人との交わりもある…… それなのに、あの音で一度、無音になるような気持ちになってし
1件6件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る