神さまの奉公人

江戸時代の、架空の町を舞台にした、和風ファンタジー

彩瀬あいり

2時間35分 (92,982文字)
本編後の短編と、スター特典にSSを追加しました(2020/08/02)

99 385

あらすじ

団子屋の娘、絲(いと)は、稲荷神社で、行き倒れの男を見つける。 その男――佐田彦(さたひこ)は、稲荷神の神使であり、去った悪鬼の後始末にやってきたのだという。 人でありながら「神使」として、神様に仕

シリーズタグ

感想・レビュー 1

とても読みやすい、一話ずつのエピソード

長屋の住人、尋ねてくるキャラクター達もみんななかなか個性的。ともすればありがちになりそうな時代劇怪綺談が丁寧な描写で語られる。 個人的には、見栄っ張りの雷獣が何とも微笑ましい^_^
1件1件

この作者の作品

もっと見る