7分 (4,007文字)

1 0

あらすじ

 あるところに、モルガナ王国という国がありました。その国には古くから、ある伝承がありました。それは「赤い瞳を持つ者は災いの象徴である」と。国王は生まれたばかりの娘が、赤い瞳を持っていると知り、災いを避

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る