星影巡怪日誌―黒き神と朴訥な覡― 零 ~巡りの翔破~

飛び続けた先には何が見える? とある青年による一年間の記録。

月城咲耶季

54分 (32,386文字)
和風ローファンタジーシリーズ『星影巡怪日誌』はじまりの物語。

15 60

あらすじ

 北海道・星影市。美しい星空とブナ林が自慢の街で歌われる序曲。  ホームレスになってしまった俺はひょんなことから一人暮らしの老人と出会い、助けられる。じいさんの世話になるのも楽なのだけれど、いつまで

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2020/5/18