君が愛したこの世界を僕は生きていく

いつか終わる日を祈って

特産物

14分 (7,995文字)
時事ネタ。こんな状況でもみんな希望を持って生きられますように。

2 37

あらすじ

2020年代。 世界は未知のウイルスの脅威に晒された。 安藤 貫志は医師として多くの感染者を診てきた。 数年後、ウイルスは終息したが、多くの人たちが犠牲となった。 彼が大切にしていた人でさえも。 この

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2020/4/8