傘も心も盗まれて

雨の日のコンビニにおけるエピソード。それ自体は些細な出来事だったが、それからの日々の中で……。

烏川 ハル

恋愛 完結
9分 (4,848文字)
超・妄想コンテスト「それからの日々」応募用に書きました。

2 7

あらすじ

 傘立てに差しておいたビニール傘。それを取ろうとした時、一つの物語が始まった。 (エブリスタ初出ですが、現在は「カクヨム」「小説家になろう」「ノベリズム」でも掲載しています)

シリーズタグ

感想・レビュー 1

これはもしや、と思ったら…

ほのぼのとした展開が続くお話でした。 登場人物も個性があり、視点である男性は紳士かと思いきや、多分ただ奥手なだけなように見えました。 何だかんだと理由付けて、ちょっとヤキモキする。笑 最後には衝撃の
1件1件

この作者の作品

もっと見る