フラッシュ

60歳のおばちゃんパンクロックカメラマン

吉良大介

3時間23分 (121,603文字)
僕の初作品になります。実在するパンクカメラマン「松下弘子」さんをモチーフに、実体験などをブラッシュアップした作品です。

69 4,241

あらすじ

東京で暮らす60歳の松下侑子は、カメラが趣味のごく普通の主婦。良い被写体を探していた成人の日、高円寺の駅前で出会ったのは赤い髪を半分スパイクのように立たせ、振袖を着た女性パンク・ロッカー、アイヴィーだ

感想・レビュー 2

圧巻のエンターテインメント!

最後まで楽しませていただきました。 クライマックス、アイヴィーのライブでシンのために写真を撮るシーン、アイヴィーがホールを抜け出して、松下のおばちゃんやギヤの仲間たちの前で歌う「デビューライブ」、そ
1件3件

松下のおばちゃんとアイヴィーが大好きです

「フラッシュ」、最後まで一気に読みました。一ページ読むごとに引き込まれてしまう内容で、ラストのアイヴィーのライブシーンでは思わず涙が出ました。 ライヴ描写の迫力がすごくて、まるで自分もライヴ会場にいる
ネタバレあり
4件1件

この作者の作品