人魚はインクに溺れて。

声を失った人魚に文字を教える青年の、美しく切ない恋物語

由季

歴史・時代 連載中
43分 (25,393文字)

15 135

あらすじ

時は明治、文明開花の象徴であった鉄道の開通、ガス灯、散切り頭。白シャツにトンビコート、下駄姿は舶来の文化が入り混じっていた。 賑やかな祭りの最中、正一は悪友に見世物小屋につれてこられた。 どうせ紛い

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2020/7/7