「水に溶ける恋」花と読み解く物語

水の錬金術師・水樹洋介が依頼主の難問に挑む不思議な事件簿。

田丸哲二

1時間55分 (68,970文字)
短編集ですので、気ままにお立ち寄り下さい。

150 9,180

あらすじ

[表紙絵は「SHIKA」様より。https://estar.jp/users/43571566]  水樹洋介は幼い頃の出来事より、花が見て感じた想いを道具を使って水の中に溶かし、その記憶を分析して再

感想・レビュー 1

解き明かす、記憶は。

水の錬金術師、水樹洋介の人柄が、 滲み出る、物語の醸し出す雰囲気に。 洋介が占う時のように、 水の中に溶け込む感覚。 混ざり、溶けて行く、花の香りや、 静かで美しい光景に、 拝読していると、包まれ
1件1件

この作者の作品

もっと見る