七竈 ~ふたたび、春~

七竃が消えれば、呪いは消えるのか?

あゆみん(菱沼あゆ)

ホラー 連載中
1時間31分 (54,122文字)
変遷していく呪いに終わりのときは来るのだろうか――?

346 1,768

あらすじ

 突然、英嗣の母親に、蔵を整理するから来いと呼び出されたり、相変わらず騒がしい毎日を送っていた七月だが。  ある日、若き市長の要請で、呪いの七竃が切り倒されることになる。  七竃が消えれば、呪いは

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る