人を穿ちてモノノケ語り

「モノノケを撃つ。それが俺の本分ですから」

下鴨哲生

2時間57分 (105,873文字)
イメージソング「蝶」(天野月子)

18 627

あらすじ

「モノノケを撃つ。それが俺の本分ですから」 偽京都と呼ばれている街「空都」 その空都にある来栖旅館にて、妊婦が死ぬという事件が起きた。旅館のイメージを悪くしないために、女将はその死体を隠して隠蔽する

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品