行くぞリレー小説!

1/1
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
https://estar.jp/novels/25704234/viewer?page=4 (↑前のお話はこちら)  邪美は、慌てて床に張り付く鳴門に手を伸ばした。何か大事な物がそこにある様な、忘れてはいけない何かが呼んでいる様な……。期待と焦りが邪美の心拍数を挙げた。しかし……。 ──あれ? あれれ?  鳴門が、取れねぇ。ピッタリ張り付いて、取れねぇよ……。 焦れば焦るだけ、その爪は床を(えぐ)り、爪と指の間に微かに詰った鳴門をペロリと舐めると、邪美は不敵に微笑んだ。 ──こんな物、いらねぇよ! そして、力任せに鳴門を踏みつけた。それは、『プ二ッ』と音を立てて、柔らかく押し広がる様に潰れる……筈だった。しかし、邪美の足元から聞こえたのは…… 『ポチッ』 ──ん? その途端、鳴門は煙を出しながら、大きく膨らみだした。大きく膨らみ、大き過ぎる程に膨らんだ。 邪美は、それを見て沸き起こった食欲を抑えきれずに、唾を垂らして噛み付いた。 パン!! プシュー……。 しかし、それはたちまち破裂して、そこには煙が広がった。しかし、その煙の向こう側に、何か居る。それは…… 「お父さん……」 邪美のチャーシューを見て、寂しそうに呟く一匹の子豚だった。 続きはこちら↓ https://estar.jp/novels/25695969/viewer?page=3 (皆様、お邪魔しました~)
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!