魔法の木エニシダに囲まれて

30年前と変わらない待機児童、子育て中のママたちに捧げたい

文乃木 れい

3時間40分 (131,695文字)
母親ひとりだけでは、こどもを安心して育てていくことは、とても難しい。いつでも、どこでも助けてもらえるところが必要なのだ。

3 39

あらすじ

ひなぎく保育園の生け垣は、エニシダ。魔法の箒の材料になる。  但馬ゆきは、1歳、3歳、6歳の3人の母。  この保育園に、長男、慧が通っている。魅力ある体験をさせてくれる保育園なのに、突然統廃合の危機に

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2020/10/1