だるまさんがころんだ

興味本位で、“ひとり”で始めてはいけない。

月町さおり

ホラー 完結
6分 (3,014文字)

1 22

あらすじ

夕暮れ時に、俺は一人で神社に寄り道をした。 そこには誰もいないはずだった。 日が沈む前に、夜が来る前に終わらせなくては……。 ※ 妄想コンテスト「昼と夜の間」の参加作品です。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る