堕ちたのは吸血鬼課長の手のひらでした

「家畜でいいって割にはいっちょまえに束縛するんだな?」「家畜にだって一生かけてご主人様に仕えようってプライドがあります」

秋月伶香

現代ファンタジー 休載中 過激表現
48分 (28,281文字)
『吸血鬼の秘密』ありがとうございました。次章に続きます。一章ごとの不定期更新になりますがお付き合い頂けたら幸いです。

266 3,108

あらすじ

家族を支えることに疲れた水橋春歌は、ハロウィンの夜に飛び降り自殺を図る。 が、なぜか無傷で目覚めた傍らには上司である藤崎櫂が居た。 なぜここに居るのか、なぜ自分は助かったのか尋ねるうち春歌は彼の秘

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません