天使の落とし物

ある日、空から羽の生えたもふもふが落ちてきた。

八百十三

7分 (4,079文字)

0 10

あらすじ

ふと背中に重量を感じて振り向いたら、パーカーのフードに猫がすっぽり入っていた。 いや、猫にしてはなんか手足が太い。それに背中に羽が生えている。 俺こと安武亮輔が状況を認識できずに固まっていると、その生

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません