夢現の夜に神は笑ひて

時は平安。ある夜、勤勉な貴族の元にふざけた神が現れて――。

月城咲耶季

9分 (4,812文字)
いつの時代だって堅物はいるし、変な神様もいる……のかもしれない。妄想コンテスト「神様、お願い」参加作品です。

3 3

あらすじ

 今は昔、平安京の時代……。  仕事熱心で歌や女性に関心のなさすぎる堅物貴族の男は、日々自分で組んだ緻密な計画に追われ続けていた。仕事の帰り道、男の乗っていた牛車は突然動かなくなってしまう。どうしたも

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません