クローバーと十三番目の余分な満月

この時にどうして僕は、救急車を呼ばなかったんだろう。でも今思えば、呼ばなくて正解だった。

波多野道真(みちまさ)

恋愛 完結 過激表現
1時間58分 (70,609文字)
読んで頂きましてありがとうございます!時が過ぎても惹かれあって離れられない運命の二人を書きました。

20 10

あらすじ

和菓子屋の若き店主、木次蒼月は、日課にしている早朝の散歩で、クローバーの茂みに倒れている女性を見つける。彼女は記憶を失くしていて、暫定的に「若菜」という名前を付けて共に住むことになるが———— 数奇

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る