春、杯傾ける

絵を描く青年・加島(かしま)と、加島の雇い主である小説家の佐々波(さざなみ)。四季折々の縁側で、二人の男が杯を交わす。

やまおり亭

BL 完結
12分 (7,059文字)
紙の本も販売開始!よろしくお願いします。

6 59

あらすじ

絵を描くことが好きな大学生・加島がありついたアルバイトは、三鷹市深大寺にある大きな一軒家の管理。加島はその家の主であり雇い主でもある小説家・佐々波と、つかず離れずの心地よい雇用関係を築いていたのだが―

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2021/2/19