かき氷

一生忘れない、父とのあのお祭りの日の思い出

ヒトミカン

3分 (1,678文字)
どうぞよろしくお願いします。

2 23

あらすじ

(NOVEL DAYS 2000字文学賞佳作) 弟の出産のため実家に帰った母が恋しい幼い日の私は、寂しさから同居の祖母に八つ当たりをする毎日を送っていた。そんなある日、普段は仕事でほとんど顔を合わす事

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る