芍薬を嗅いで

香りと記憶を辿る探偵見習いの物語

逆木サカ

27分 (15,659文字)
硬くなりすぎない程度にポップに仕上げてみました。是非ご一読ください

3 315

あらすじ

連作短編で描く、香り探偵の物語 「芍薬(しゃくやく)を嗅いで」 他人の思い出の香りを通じ、記憶と無意識に入り込むことができる探偵見習いの高校生「深草薫(ふかくさ かおる)」。 高飛車で自信過剰、嫌

感想・レビュー 1

モチーフの選び方が好きです!

頭痛だったり、夢幻だったり、煙草だったり、海外小説だったりのモチーフの選び方が秀逸で美しかったです。
1件1件