Thank you because you’re my...

あなたに感謝の言葉を言うのは、だって

うたうもの

SF 完結
5分 (2,755文字)

5 26

あらすじ

峰次は何キロも歩いてくたくたの中、今にも崩れそうな東屋の下野宿する。 その晩大雨が降ったにも関わらず、彼が起きなかったのは相当な疲れが溜まっていたからだろう。その疲れとびしょ濡れになったことから、彼

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る