首無山でおやすみ

ここに眠るのは罪人ばかりです。私もまた。

戦 雪(そよぎ そそぎ)

ヒューマンドラマ 休載中 過激表現
3時間3分 (109,381文字)

28 2,401

あらすじ

大正九年、千葉。首無山と呼ばれる処刑場の跡地には、小さな薬学研究所がひとつ建っている。所長は十九歳の今給黎妙美(いまきゅうれいたえみ)。彼女はここで命懸けの愛を掴もうとしていた。 ※R15程度の性描写

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません