vivid gray ―ケッカンの釁隙―

見えるはずのないもの、聞こえるはずのないもの、言えない言葉――

御 一

1時間48分 (64,393文字)

12 132

あらすじ

これは「灰色のページ」が出来上がる数年前のこと。 18歳の千葉司には長年連れ添う幼い頃からの友人がいた。彼は少し変わっていて、見えないものが見え、聞こえるはずのない声が聞こえ、わかるはずのないことを

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2021/6/23