宝石工房を繰る

刃の乾山のようなこの世は、透明度の高い宝石もまた有しているものです。言葉にしがたいそれらを記したのが、児童文学なのです。

ほか

恋愛 完結
2時間55分 (104,980文字)
『恋せよ文学乙女』の大人向けのような作品です。切なくも優しい世界観を目指しました。

3 12

あらすじ

書店主の青年と少女が、児童文学を介してこの世の宝石のような一瞬を積み重ねていく、青春恋愛ストーリー。 星降る書店を経営する幾夜は、お話し会を聴きいる子どもたちをうらやましそうに見つめる少女、夢未と出会

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません