雨に濡れても 

私は顔をあげ、彼に抱きついた。 傘の外に出た私の肩は雨に濡れている。 雨に濡れても、決してこの腕を解かない。

江戸川えるま(土日は休息の予定です)

47分 (27,762文字)
ありがとうございます。トレンドランキング#現代ファンタジーで5位にランクインしました。

34 1,113

あらすじ

 駅をでた。雨空を見る私を青い傘がおおう。  驚いて傘の持主を見る。見覚えある顔。  私は相合い傘で歩く。会話が進む  彼が途中のテキスタイル会社に入る。  私は傘を借りて会社へ歩く。  彼の名前を

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません