100文字小説練習帳

第391話 先生におはようございますを言いながら校門をくぐっていく子供たちを横目に見て、通りすぎた高校生が友人に言った。

成李 霧(なり きり)

1時間6分 (39,300文字)

15 429

あらすじ

2022年3月19日🍀 『たった100文字小説』(← このタグで検索できます。)を読んだらハマってしまい、自分でも書き始め、4作目からは作品集にまとめることにしました。 まだ、小説というよりあらすじ

感想・レビュー 1

100文字小説が広まりますように

ありがとうございます。100文字小説の宣伝と、こんなに素晴らしい作品を読ませていただいて(*^_^*) 是非、是非、この作品をずっと大切に読んでいきたいと思って居ます。ありがとうございます。そして、こ
1件1件