泥棒は、ドキドキ。

余命を宣告されて自暴自棄になっていたマリコが、最後にドキドキすることで、活きていることを再確認するストーリーです。

平 凡蔵。

14分 (7,873文字)
3行から参加できる超・妄想コンテスト「泥棒」のために書きました。読んで頂ければ、うれしいです。

0 2

あらすじ

泥棒に入った家で、独り暮らしのマリコに見つかってしまう。 でも、マリコは、泥棒であるタクミを怖がりもせず、一緒にビールを飲み始める。 その理由が知りたくなったタクミは、マリコに理由を聞いたら、ガンで、

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません