優しい王様がいる世界

自分を神様にしてくれ、と俺の祠に押しかけてきた少年。俺は無理難題を言って彼に諦めさせようとするのだが。

はじめアキラ@ホラー文庫『数鬼』発売中

9分 (5,022文字)
最後の神様の台詞が書きたくて書いた話です。優しい王様、というキーワードは金色のガッシュからインスピレーションを得ました。

1 23

あらすじ

「神様になりたいって、なんでやねん。理由を聞かせろ」  突然俺のところに押しかけてきて、自分を神様にしてくれと言う少年。  なんでも叶えたい願いがあるらしい。  ちっぽけな守り神でしかない俺は困惑し

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません