コトリの薬草珈琲店

植物の言葉が分かる主人公・琴音が、時間の荒波の中で見出した“幸せ”とは?奈良の小さな薬草珈琲店で描かれる現代ファンタジー

さとたけ(8月は低浮上※本職に専念)

4時間20分 (155,707文字)

236 357

あらすじ

奈良で「薬草珈琲」という新しいコーヒージャンルを生み出した今里琴音。植物の言葉の分かる彼女は、仲間と一緒にカフェを経営しながら穏やかな日々を送っていた。しかし次第に、不思議な夢や時間の荒波に翻弄されて

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません