落涙(らくるい)

正義こそに真理を求めた、悲しき弁護者の運命と、その後に起きる奇跡の物語。

和田ひろぴー

46分 (27,198文字)
正義の二面性について、考察してみました。

1 0

あらすじ

女性弁護者のリーツは、卓越した論理力で被告を悉く有罪に導く。それこそが正義であり、そうすることで混乱の世に秩序をもたらす唯一の手段であると信じて。しかし、勝訴を積み重ねるも、冷徹な彼女を快く想わない敵

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません