ぬけがら。

ある夏の日。

0 1

2分 (846文字)

あらすじ

いつかの夏の日。 目の前に広がるいつもの景色……いつもの私。 その中で、あの頃と 『変わらぬモノ』 そして 『変わりゆくモノ』を 夏のウダウダした空気感で描いております。

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2007/8/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る