詩のノート。

等身大のあたしがいた場所。 それはノートの中だった。

0 0

3分 (1,542文字)

あらすじ

書きためた言葉たち。 忘れかけていた心を思い出させる言葉たち。 全部があたしの等身大。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品