玉鬘―たまかずら―

平安時代のシンデレラストーリー 源氏物語のなかの玉鬘姫の物語

黄昏ロマンス

2時間59分 (107,118文字)

684 156

あらすじ

時は平安 京の有力者の娘である玉鬘 しかし、彼女が幼い時に正妻の脅しにあった母は父の前から姿を消し、さらに彼女を残して行方不明となってしまう ひとりぼっちになった彼女は、乳母に連れられて九州へ そこで

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る