醤油の女(ひと)

醤油を借りにくるお騒がせ女の子との実話をもとにした昭和風ラブコメディ

加治木の人

恋愛 完結 過激表現
6分 (3,356文字)

95 128

あらすじ

出会い自体は永遠ではない 思い出と 一緒に過ごした建物が残る それさえさよならがある 楽しく切ない思い出は さよならしても せめて本の記憶のなかへ なんて書いてるけどラブコメデ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

ぶっ飛んだ女性と、ぶっとんだ文章。畳み掛けられるような展開に一瞬置いてきぼりにされてしまいますので、心して読みましょう。 ラブコメ? 確かにコメディのようでもあるが刹那の出来事だから、ラブもコメディも
1件
ラブコメディです。 と書かれたこの作品。 私は切なさを感じました。 テンポ良く進んでいくお話しの中に少しの切なさが置かれています。 クラスメイトにはどう映っているのだろうか? 主人公は彼女に惹
ネタバレあり
2件
なんともパワフルな女性がいたものですね……。 味噌汁に鼻を突っ込めるとはクレオパトラ並みです。 恋人になったのかしらと思ったら…… ホロ苦い青春の1ページだったのでしょうか? テンポが良くてイン
ネタバレあり
1件3件

この作者の作品

もっと見る