-奏の詩-

詩に心が宿るように…。響く詩を奏でられたら。

15 0

14分 (8,318文字)

あらすじ

響く詩を 唄うように 描くように 詩いたい 全員の人じゃなくてもいいから。 一人の人が これからずっと 大切に閉まってくれるような そんな詩を… 『人』の中にある想いが 伝わりますように…

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2007/3/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る