銀色の月

素直なココロで綴られた言葉たちです。

5 0

8分 (4,768文字)

あらすじ

私はなんで生きてるの? 誰か私を愛してくれますか? 傷つけられ、裏切られ、私の自信や生きてる意味さえ、砂のように手のひらから零れ落ちていきました。 なのに私は小さいものを傷つけ、裏切り、すがる手

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2008/4/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る