存在概念‐鈍色の心臓‐

作者の意味☆不明な心象風景の吐き溜め

0 0

2分 (1,051文字)

あらすじ

愛 蜜のように淫靡(あま)く、 心を蕩かせる 愛 時には、満ちた毒杯を呷るより、 皹割れる程に心を狂わせる それでも人は愛を求める。 それは生まれながらにして、 飛び

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2009/2/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る