Nucleus winter

白に染まる世界は、残酷なまでに暗い。

藤野 郁

22分 (12,934文字)

29 1

あらすじ

nucleus winter     ──核の冬──   それは、微粒子に覆われた世界に訪れる寒く暗い冬。   文明は随分前に崩壊した。 何故かは分からない。   この冬が過ぎ去っても、何かが生み出さ

感想・レビュー 2

要所要所に組み込まれた問いかけに、とても考えさせられました。文章と構成も心地よいテンポで作られていて、読みやすい作品です。 作者様の素敵な世界観には、魅力を感じます。後仕舞いの解説にありますが、題名
ネタバレあり
手頃な長さでなかなかに作られた世界が一面の雪のイメージが浮かびました😃 私もたまには白井さんの読んで綺麗な書き方勉強しないと(笑)

この作者の作品

もっと見る