煌めいて残る一雫の子音

もう一度だけ信じさせて。僕の声と、君の歌を。

ニック

青春 休載中
9分 (4,959文字)

14 0

あらすじ

かつて確かに掴みかけたはずの一筋の光。 それを見失い自暴自棄になっていた響に届いた一通の手紙とライブチケット。 そして一人の少女、夏樹との出会いが響の瞳に新しい輝きをもたらす。       

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2008/10/22