修羅が狂い咲く

私は修羅になる。例えその道が地獄だろうと、身を滅ぼそうと。

じゅり

歴史・時代 休載中 過激表現
32分 (19,156文字)

1,969 130

あらすじ

彼女が生きる世は動乱の世、幕末。 風に愛され、風を身に纏い、彼女は踊る。 花が狂い咲いたように。 風を操り、戦場を自由に動く。 音も無く、数多の命を散らすその姿は正に、修羅の神。 「命あるその

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品