灰色の空。

灰色の空が好き

8 0

5分 (2730文字)

あらすじ

  灰色の空の日は 俺の靴音が響いた。   街が妙に静かに 感じた。     殺人鬼と 片足のない少女の話です。 後ろ2ページ足しました。   詩みたいな感じのを 繋ぎ繋ぎかいてます('ω')

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2008/12/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る