面倒くせえなあ。アホ。
0スター 47PV

作品説明

作品説明はありません

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 1件

私は無意識のうちに反転すると、千津子の上に覆 いかぶさった。 黒目勝ちな千津子の瞳から、美しい雫がひとす じ、頬を伝う。 「私も、英二と一緒に東京に行くけんね」 千津子は静かに笑って言った。
ネタバレあり
2件

この作者の他の作品 18件

もっと見る

その他情報

公開日:2013/9/27

更新日:2013/9/27