「お嬢さん僕とお、お茶でもどうですか?」
1スター 107PV

作品説明

通学路の通り道の公園で僕は一人で散歩してると 思しき女の子に声をかけた 我ながらなんというテンプレなセリフだろうと思う だが、これは仕方ないのだ 僕は罰ゲームという名の笑いものにする 彼らのおもち

感想・レビュー 0件

感想・レビューはまだありません

この作者の他の作品 25件

もっと見る

その他情報

公開日:2014/7/22

更新日:2014/7/22