雨水センセ
4スター 137PV

作品説明

   猫宮さまの小説 「狐の微笑と診察室の微熱」  より、雨水センセをお借りしました・ω・  この小説は、人の不器用さと感情の深さが一文からとても伝わってくる物語です。  良いところばかりで

タグ

感想・レビュー 1件

うひゃぁぁぁぁぁ!(〃'▽'〃)ありがとうございます!本当にありがとうございます!誘惑に負けてコタツの中でうとうとしていたら、一足早いサンタクロースが粋なプレゼントをそっと猫宮の枕元に置いていかれたみ
ネタバレあり
2件

この作者の他の作品 42件

もっと見る

その他情報

公開日:2014/10/15

更新日:2014/10/15