ギルド‐「仮設Ⅰ」
ギルドです クエストが受けられます 冒険者もたくさんいて仲間探しなども可能です 酒場が地下1階 クエスト受付が1階 レストランが2階 にあります
2,643PV295コメ

0/1000 文字

書き込み 295件

295・ エル
>>294 ・赤木 誠 さん
ジャンヌ「……やっぱり、優しい」
微笑みと一筋の涙。それはジャンヌ以上に優しさを浴びた女性のもとへ。

リズ「……いただきます」
まもなく、そっとパスタに手をつけた。
294・ 赤木 誠
>>293 ・エル さん
ミア:あなたが話したくないのなら、聞かないよ

フォークに手を取り、ジャンヌに言う。
1件
293・ エル
>>292 ・赤木 誠 さん
ジャンヌ「……続き、聞きたいか?」
念のため、ミアの顔を覗き込んで尋ねる。
1件
292・ 赤木 誠
>>291 ・エル さん
ミア:有難うございます

ウェイターに頭を下げると、沈黙する。
1件
291・ エル
>>290 ・赤木 誠 さん
ジャンヌ「せめて、それが……」

「お待たせしました」
言いかけたところに、料理がすっと入った。
1件
290・ 赤木 誠
>>289 ・エル さん
ミア:……辛かったね

固く結んだ口から、ぽつりと、それだけの言葉しか出せなかった。
1件
289・ エル
>>288 ・赤木 誠 さん
ジャンヌ「あの子には『何も』なかった。私が受けた屈辱以外……」
1件
288・ 赤木 誠
>>287 ・エル さん
後から生まれて来たのかと目を落とし、深く頷く。
1件
287・ エル
>>286 ・赤木 誠 さん
ジャンヌ「そう。そして、あの子が生まれたとき……私はそこにいなかった」
1件
286・ 赤木 誠
>>285 ・エル さん
ふと目を合わせる。

ミア:リズちゃんって事?
1件
285・ エル
>>284 ・赤木 誠 さん
ジャンヌは自分の胸に手を当てた。
1件
284・ 赤木 誠
>>283 ・エル さん
ミア:……『あの子』って?
1件
283・ エル
>>282 ・赤木 誠 さん
リズはそれに返す術を持たない。

だから、術を持つ者が、震えながらも返す。

ジャンヌ「……あの子を、見ているみたい」
1件
282・ 赤木 誠
>>281 ・エル さん
ミアは自らの髪をくしゃりと掴む。

ミア:でもこの通り、断片しか思い出せない
1件
281・ エル
>>280 ・赤木 誠 さん
リズは口が開いたまま固まる。

リズ「……覚えてる。私の見たこと、だって」
1件
280・ 赤木 誠
>>279 ・エル さん
ミア:いや、なんかさ

少し迷う様にしながらも、言葉を続ける。

ミア:『ジェノベーゼ』って、覚えてる?今、ふと思い出したんだけど
1件
279・ エル
>>278 ・赤木 誠 さん
「かしこまりました」
ウェイターは何も知らないまま一度戻る。

リズ「どしたの?」
今度はリズが聞く。
……ある程度察しがついて、目線は下げるけれども。
278・ 赤木 誠
>>277 ・エル さん
リズの注文に脳裏で以前の景色が駆け巡り、声を上げそうになりながら、小さく言った。

ミア:私も、同じものをお願いします
1件
277・ エル
>>276 ・赤木 誠 さん
「はい、どうぞ」
リズ「ペペロンチーノで」
対するリズはまるで深く考えていなかった。
1件
276・ 赤木 誠
>>275 ・エル さん
ツケにする気満々でメニューの文字の羅列を眺める。
1件
275・ エル
>>274 ・赤木 誠 さん
リズ(あ、お金ないもんね……)
意味に気づいて苦笑い。

リズ「すみません」
そのまま注文に入るのだろうか。
1件
274・ 赤木 誠
>>273 ・エル さん
ミア:おお、棚から牡丹餅……

嬉しそうに顔を上げる、。
1件
273・ エル
>>272 ・赤木 誠 さん
[代金は給金より天引き]

新人割であると同時に、ツケ払いの性格も持っていた。
1件
272・ 赤木 誠
>>271 ・エル さん
ウェイターが出したメニューに目を移す。

ミア:(新人割みたいな感じなのかな……?)
271・ エル
>>270 ・赤木 誠 さん
リズは反射的にメニューに目を落とす。

「そういえば見習いの方ですか?」
リズ「あ、はい……」
「やはりそうでしたか」
それに気づいたウェイターがリズに応対し、さらに別のメニューを持ってきた。
値段が少し安く、しかも一番下に注意書き。
1件
270・ 赤木 誠
>>269 ・エル さん
リズの動きに微笑むと、メニューを手渡す。

ミア:好きなのを選びなよ
1件
269・ エル
>>268 ・赤木 誠 さん
リズ「あっ……」
促されて顔を上げ、ぴょこぴょことミアの対面へ。
1件
268・ 赤木 誠
>>267 ・エル さん
ミア:ほら、着いたよ。

大丈夫かと問う様に声をかける。
1件
267・ エル
>>266 ・赤木 誠 さん
リズ(だと……いいけど)
それでもなおミアにしがみついて進む。
そうかと思えば時折胸を押さえる。"彼女"の見る記憶の断片がちらつくかのように。

「いらっしゃいませ」
既にレストランに着いたとも気づかずに。
266・ 赤木 誠
>>265 ・エル さん
ミア:大丈夫だよ。急にみんなが襲い掛かって来るとか、そんなことは無いよ

リズの頭をポンポンと撫でながら進む。
1件

/10ページ

295件