自己紹介

ヴラド先生の小説が読めるのはエブリスタだけ! ---------------------------- V系布教のために びじゅある☆しょっくを執筆開始しました! 私の麺としての経験や周りの体験談を